So-net無料ブログ作成

雲母温泉 雲母共同浴場 [温泉]

 新潟県関川地区にある三箇所の共同浴場を制覇することができた。湯沢、上関と回ってきたが、最後は雲母共同浴場。新潟から山形方面に国道113号線を進み、雲母温泉街入り口を入り土手側にひっそりと佇んでいる共同浴場。ちょっと見つけるのは難しい。
         
              行かれる方はこの建物をお探しください。
 玄関を開けると、プラスチックケースに入浴料100円を投入。一応、南京錠がかかっているが、そのまま誰でも持っていくことができるような箱。管理人が常駐しているわけでもなく、信頼関係で成り立っているところが好感を持てる温泉。
         
                  こじんまりした浴槽。
 男湯と女湯に分かれていて、小さな脱衣所の向こうに、三人も入れば一杯になる小さな湯船がある。蛇口をひねると69度の源泉が注がれ、隣の井戸水の蛇口と合わせて温度調節をする仕組み。高温のお湯は僅かに塩味がある。ほとんど匂いはないが、かすかに土のような温泉臭を感知。色もかすかに白みがかっているが、ほとんど透明。
         
              蛇口のオブジェが温泉の力を物語っています。
 この地域の三箇所の共同浴場を楽しむことができたが、地域の人たちの生活の一部になっていることを実感。外部の者は迷惑をかけないように楽しませてもらいたい。どこの温泉でも地元の人とご一緒させていただいたが、共通点は長湯はしないということ。確かに高温の温泉だが、みなさん、とっとと体を洗い10分以内に出て行かれる。今回、一緒になったお爺さんは、「今日はぬるいな~。」とつぶやくとおもむろにお風呂の栓を抜き、半分くらいお湯を捨てて、熱い源泉を足し始めた。ありがたく、新鮮なお湯を楽しませていただいたが、地元民以外は使わないほうが良いワザと思われる。
 味のある建物と湯上り爽快な良泉。
 おススメ度★★★★


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。