So-net無料ブログ作成

首位の名古屋を蹴散らす [アルビレックス新潟]

 今年のJリーグは名古屋グランパスが初優勝に向かって独走態勢に入りつつある、そんな状況だ。そして、今節、新潟はホームで首位の名古屋を迎え撃つ。
名古屋戦1.jpg

好調の名古屋はサポーターも熱かった

 試合開始から、スピード感ある名古屋の攻撃が続き、何度も新潟の陣内に攻め込まれる。ケネディ、玉田、金崎というスリートップの攻撃力はJリーグナンバーワンかもしれない。迫力のある攻撃に圧倒されながらもなんとか凌ぐ新潟という図式でゲームは進んでいく。
 しかし、最初にチャンスをものにしたのは新潟だった。ケガから復帰したマルシオ・リシャルデスが得意のFKを決めて、なんと押されていた新潟が先制。それにしてもマルシオの決定力は凄い。
 リードされて名古屋の攻撃はさらに積極的になる。波状攻撃を凌いできた守備陣であったがついに耐え切れずケネディに同点弾を許してしまう。先制したのにすぐに追いつかれる展開。ガンバ戦を彷彿させる逆転負けの序章のように思えたが、そんな不安を吹き飛ばす、新潟の怒涛のゴールラッシュがこの後起こるとは夢にも思わなかった。
 前半40分過ぎに、サイドからミシェウが上がり、コーナー付近から相手二人をかわして絶妙のクロスをあげると待ち構えていた三門が、芸術的なダイレクト・ジャンピング・ボレーを叩き込み加点。そして前半終了間際に、大島が泥臭くゴール決めあっという間に3-1。まさに夢のような展開。
名古屋戦2.jpg

見よ、このスコア

 そして後半になると名古屋が退場者を出して、ここで事実上ゲームは終了した。名古屋はもう厳しくボールを奪いに来ないし、新潟もリスクを冒すような攻撃はしなくなる。それでもボール回しから相手を崩してマルシオが今度がループ気味にゴールを決めて4-1。なんと首位の名古屋を相手に新潟が圧勝だった。
 矢野が移籍してからけが人も増えたこともあって、なかなか新潟のサッカーができなかったが、今日は今後につながる大きな一勝だったと思う。
通算観戦成績33勝22敗23分。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。