So-net無料ブログ作成
検索選択

三昇 ランチセット [グルメ]

 国道8号線沿いにあるラーメン屋。オープンしてから2年くらい経つだろうか?夜も23時まで営業と看板が出ていて、いつか使うだろうと思いながら一度も入ったことがなかったお店。
三昇1.jpg

 お昼時ということもありかなりの混み具合。ほぼ満席だった。ラーメンにチャーシュー丼がつくランチセットオーダー
三昇3.jpg

 店内はなかなか活気にあふれている。ラーメンは三条・燕系の背アブララーメンだった。太めの麺も、濃口の醤油スープもまずまずのレベルだと思うが、おまけと思われたチャーシュー丼の出来が良くて、ラーメンよりもインパクトがあった。決してまずくはないけれど、チャーシュー丼より衝撃的なラーメンにして欲しかったというのが率直な感想。
 おススメ度★★★
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

邪宗門 [グルメ]

 
邪宗門1.jpg

 関越道の塩沢石打インターの近くにある「邪宗門」は評判の喫茶店だ。雑誌などでは教会風の建物など紹介されいるが、外観はちょっと怪しい教会だ。そもそも「邪宗門」とは不正な宗教のことであり、江戸時代にキリシタンに対してささやかれていた言葉である。なぜ、そんな名前なのか?北原白秋と関係があるのか良くわからないが以前から気になっていたので行ってみた。
邪宗門2.jpg

 店内は、落ち着いた感じであるがかなりたくさんの古時計がある。これだったら古時計という店名の方が良いんじゃない?とも思うが、邪宗門はちょっとしたチェーン店とのこと。
邪宗門3.jpg

 ここの売りは熱々のまま氷がたっぷり入ったユニークなカップに淹れたてのコーヒーを注ぐアイスコーヒー。雰囲気も良くそして美味しかった。ホットコーヒーは深入りでかなり苦めだが、ケーキセットにするならちょうど良い感じ。さすがに人気店らしく、雰囲気も良くコーヒーも美味しかった。また、来たい感じ。
 おススメ度★★★★
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

欅亭 [グルメ]

 南魚沼の国道沿いにかわいらしい小さな洋食屋がある。かわいらしい小さな外観とはに使わない、のどぐろやえびを絵を使った大きな看板が国道沿いに立っている。以前から気になっていて、ウェヴサイトでの評判も悪くはないので訪ねてみた。
欅亭1.jpg

以前より気になっていた欅亭

 人気があるということと小さなお店ということもあり、開店直前に着いたのだが、すでに待っているお客さんもいて、じきに満席となった。
 ここのお店はオムライスが人気とのこと。そして、通常1200円ののどぐろごはんが1000のサービスになっていたのでそれをオーダー。ランチタイムはほとんどのお客さんがオムライスをオーダーしていた。
欅亭3.jpg

評判のオムライス

 オムライスは評判だけあり、トロトロでフワフワの卵がかかってくる。少し苦味のあるデミグラスソースも上品な味付けになっている。ケチャップライスはシンプルな具材ながらも、本格的な洋食屋らしい味付けがなされていてバランスは良い。量は少ないが完成度は高い。
欅亭2.jpg

高級魚・のどぐろごはん

 のどぐろごはんは、のどぐろのエキスをたっぷり吸収した深い味わいの炊き込みご飯に脂身豊かなのどぐろの半身が調理されている。シンプルな料理だが、こちらも味わい深い。どちらかというと和風な料理だが、シェフの力量が感じられる。
 やや値段は高めだが、雰囲気も良く、もうちょっとお金をためて再訪したいお店。
 おススメ度★★★★☆
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

サーラ・タイ [グルメ]

 新潟市の紫鳥線沿いにあるタイ料理のお店。出来てから2年くらいかと思うが、巨大すぎる看板が目印。派手な色彩の建物と相まって異国の雰囲気に溢れている。外観からは高い店のようにも見えて躊躇していたがランチは手頃ということで訪問してみた。
サーラ・タイ1.jpg
 
看板デカすぎ

 玄関から二階に上がるとそこが食堂のフロア。完全にタイのリゾートと化した店内はなかなか面白い。ランチも680円から880円程度でかなりの種類のタイ料理を楽しむことが出来る。
サーラ・タイ2.jpg

不思議な店内

 今回オーダーしたのはランチメニューのガバオとグリーンカレー。ガパオはタイ風の肉野菜炒めといった感じ。辛味もありかなりスパイシー。
サーラ・タイ3.jpg

ランチはリーズナブル

 シェフはタイ人ということだが、ウェイトレスの方もタイ人でかなり日本語が苦しいところもエキゾチックで楽しい。ちょっとエキセントリックな内装であるが、本格的なタイ料理を不思議な雰囲気で安価に楽しめるお店。
 おススメ度★★★★ 
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

つじい みつかけ [グルメ]

 つじいは青森の老舗のラーメン屋だ。昔ながらのラーメン屋で人気がある。もちろん、ラーメンは美味しいのだが、ここで売っている「もち」が美味しいのだ。青森にいた頃、よく「つじいのもち」をテイクアウトした。ふと、そのことを思い出し、お店に行ってみた。この商品はけっこう売切れてしまうのだ。
みつかけ.jpg

つじいのもち

 さて、もちには「みつかけ」と「ごま」と「あんこ」の三種類があるが、たぶん一番人気は「みつかけ」だ。見た感じは「みたらしだんご」のようだけれど、微妙にそこまでしょっぱくはない。もちといってもつるんとした食感を兼ね備えていて、似ているようで似ていない絶妙なオリジナリティを持っている。
 数年ぶりに食したがやはり絶妙だった。
おススメ度★★★★
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

一庵 肉そばetc [グルメ]

 山形はB級グルメの宝庫だ。もはや芋煮や玉こんにゃくは全国区(?)になったのかわからないけれど、未だに挑戦したことの無い山形の冷たい麺を食べるときがやってきた。
一庵1.jpg
 
天童の人気店

 山形の冷たい麺とはまず「肉そば」である。肉そばなる食べ物は珍しくもなんとも無いが山形は冷たいスープなのだ。そして、近年話題なのが「冷たいラーメン」。両方とも、ビジュアル的には温かい食べ物のように見えるのに冷たいというところが想像を超えている。
一庵2.jpg
 
 
山形名物の冷たいそば

 天童市にある「一庵」という店は、美味しい蕎麦屋として人気であるが「冷たいラーメン」も食べられるということで訪問。昼時ということもあるが、かなりの混みようで人気の高さがうかがえる。しかし、回転は速く、ほとんど待つことはなかった。
一庵3.jpg

そして冷たいラーメン

 さて、肝心の味のほうだがはっきり言ってうまい。山形のそばのレベルが高いということは聞いていたが、これはうまい。モチモチした食感が冷たいスープとマッチしている。しかし、安い。出雲そばも新潟のそばもうまい。しかし安くはない。しかし、山形のそばは安い。たしか600円くらいだった。ランチタイムはミニカツ丼を頼めるが200円。カレー風味でなかなかグッド。それよりも驚いたのが天ぷらは150円。や、安いなぁ。
 冷たいラーメンは、ほのかにごま油の風味が聞いていてこれもありかなという印象。山形グルメはかなり楽しい。
 おススメ度★★★★
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ラーメン響 醤油とんこつラーメン [グルメ]

 燕市に新参入したラーメン屋が「響」。この店は新潟の人気店「なおじ」が燕エリアにオープンさせたお店だ。国道116号沿いで場所はわかりやすい。
響1.jpg

紅い看板が鮮やか

 燕エリアのラーメンと言えば、太麺に溢れるばかりの背アブラ。これをなおじ流に表現したという感じ。定番は醤油だが、なんとなく醤油とんこつをチョイス
響2.jpg

とにかく麺が太い

 麺はかなり太く、コシがありインパクトがある。ちょっと讃岐うどんのような感じ。醤油とんこつはかなり濃い味のスープで太麺との相性は悪くない。肉味噌が添えられていて、スープとは良くあっているが、ラーメンらしい具が合わせられる醤油を次回は試してみたい。
 大油や大盛りも無料サービスになっているが、年をとったので全部普通にした。しかしかなりのボリューム。燕のラーメンらしさを残したまま創作しましたという感じ。
 おススメ度★★★★
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

がんこ屋 がんこラーメン [グルメ]

 創業20年を迎える新潟ではそこそこ名の知れたラーメン屋。メディアなどに登場することも多い。昼時にお邪魔したが、そこそこの賑わいだった。
がんこ屋1.jpg

 店名が命名されているがんこラーメンをチョイス。たぶんこれがイチオシのはず。店員はきびきび動き活気のある店内。20周年ということで大盛りかゆで卵のサービスが行なわれていた。年のせいでたくさん食べられなくなったためゆで卵をいただく。
がんこ屋2.jpg
 
 ちなみに、麺も太麺と細麺を選べることになっていて太麺にしてみた。運ばれてきたがんこラーメンは見た目のインパクトは名前ほどはない。いや、味のインパクトもほとんどなかった。別に不味いわけじゃないけれど、残念ながらスープもチャーシューもごく普通。全体的に普通。期待が大きかったのかな?正直、ちょっとがっかり。
 おススメ度★★
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

麺や来味 味玉醤油らーめん [グルメ]

 バイパスを海老ヶ瀬インターで降りるとほど近くあるラーメン屋が「麺や来味」。綺麗な店舗だがかなりの人気店。紫竹山にも同名の店舗があるがそちらは実家とのこと。違うラーメンを提供しているという断り書きが店内に掲示されている。紫竹山は昔ながらのラーメン。海老ヶ瀬は創作ラーメンといった住み分けか?
来味1.jpg

 とりあえず初めてなので醤油スープ。実家の方には行ったことがないので比較はできないが、どこかなつかしい安心して食べられるラーメンだ。醤油は見かけよりは味が濃いが、しょっぱいというのではなく野菜などのうまみからしっかりした味が出ているという印象。基本的にスープも麺も具も美味しく、バランスの良いラーメンだ。
来味2.jpg

 色々な種類があるので、機会があれば試してみたい。店内も広くて明るいし、駐車スペースもたくさんあって行きやすいお店。
 おススメ度★★★★
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

やちだや チャーシューメン [グルメ]

 旧・広神村にあるラーメン屋が「やちだや」。ザ・田舎の食堂という感じの佇まい。通りがかりでは、まず立ち寄りことがないと思われる外観。しかし、ここのラーメンが評判なのだ。まず、ものすごい田舎にあるという点にそそられる。
やちだや1.jpg
 
 ランチタイムなので店内は混んでいたが、地元の老カップルが客の中心層である。そして、評判のチャーシューメンを食べた。一口で安心して食べられる美味しいラーメンであることがわかる。どこか懐かしい、醤油ラーメンのお手本のようなスープが印象的だ。もちろんチャーシューも美味しいが、新鮮なネギのアクセントが絶妙である。
やちだや2.jpg
 
 魚沼の山村にこんなラーメン屋があることが嬉しい。
 おススメ度★★★★
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。