So-net無料ブログ作成

かもめ食堂 [映画]

 この映画は始まり方も終わり方も大変気に入った作品だった。
 舞台はフィンランドの首都ヘルシンキ。この町でサチエ(小林聡美)は小さな食堂を始める。気取った日本食レストランではなく、あくまでも食堂。フィンランドの人たちに日本のソウルフード・おにぎりを食べてもらいたい。そんな素朴な願いを持ってオープンした「かもめ食堂」。しかし、道行く人は訝しそうに遠くから見ているだけ。やってくる客は日本かぶれの青年・トンミだけ。しかし、ひょんなことから出会う、日本人のミドリ(片桐はいり)とマサコ(もたいまさこ)もこの「かもめ食堂」を手伝い始める。そして「かもめ食堂」を舞台に、ちいさな、静かな出来事が起きる。
          
          このキャスティングは反則では?もちろん面白かったです。
 はっきり言ってこの映画はずるい。小林聡美、片桐はいり、もたいまさこという個性派女優がひとつの画面におさまっているだけで、すでに面白い。この三人が動き出せば、もう何が起きても、何も起きなくても面白いに決まっている。しかし、役者の力だけで成り立っているような映画ではない。外国で日本人が出会った時に起こる、不思議な連帯感が上手に描かれている。そして、「かもめ食堂」で巻き起こるなにげない、小さな事件もきちんと描かれている。
 この映画を見ているとコーヒーが飲みたくなる。シナモンロールが食べたくなる。ついでにおにぎりも食べたくなる。
 満足度★★★★


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。